家族・少人数の結婚式におすすめ♪都内の教会でオススメの演出でアットホームな挙式が叶う!

一般的に結婚式や挙式、披露宴などは50~80名前後で盛大に
というイメージが強いんじゃないでしょうか。

イタリア挙式DREAM AGENT

ここ数年、実際には少人数(10~30名程)の結婚式や挙式が非常に多くなってきています。
一般的なウェディングの規模・人数のイメージが強いので
少人数や家族のみでをご希望の方は自分たちの結婚式のイメージがなかなか湧かない
という不安があるかと思います。

例えば
・参列者が少なく寂しく感じてしまうのでは…
・シーンとしてしまうのでは…
・祝福されるのを実感できないのでは…
などなど

そこで今日は少人数や家族だけでの結婚式でも
手軽に行えるオススメの演出を3つご紹介します。
大げさな演出ではないので
ほんわかしたアットホームな挙式になりやすいのがポイントです。

【音楽/聖歌隊・バイオリン】
ステリーナ教会の挙式プランには「オルガン奏者」が含まれています。
入場からセレモニー、退場までオルガンの演奏に合わせて執り行います。
挙式としては何不自由ないですし、何も問題はありませんが
そこにもう1つ「聖歌隊」を加えるとより挙式が厳かになります。
また、バイオリン演奏も加えると華やかさがグッと増します。

★入場シーン⇒歌声の中教会へ入場⇒シンプルな入場が厳かに
★讃美歌⇒プロの歌声でしっかりと歌い上げてくれる⇒セレモニーが引きしまります
(意外と参列者も歌えないことが多いです)
★キャンドルセレモニーが可能⇒聖歌隊に合わせて「ユニティキャンドル」の演出が可能に
(両家の代表者が新郎新婦を意味するキャンドルを灯し、新郎新婦がその火を1つのキャンドルに灯す新しい家族を表すセレモニーです。)

ステリーナ教会バイオリン演奏

※バイオリン演奏は挙式が華やかに

ステリーナ教会ユニティキャンドル

※ユニティキャンドルで新しい家族の絆を演出

【絆/ベールダウン】
簡単に説明すると「ベール」は新婦を悪い物から守る役目を持っています。
挙式当日までは家族や両親が新婦を守ってきました。
家族のもとから新郎が待っている所まで
「私たちの代わりにベールがあなたを守ってくれる」
ベールダウンには巣立ちと子育ての卒業の意味も。
ベールをおろされる時「ありがとう」と伝えてください。
きっと、たくさんの思い出を思い出しながら
ベールをそっとおろしてくれていると思います。

★教会の扉の外で行う場合⇒しっかりと写真に残せます
★扉がオープンして教会内で行う場合⇒全員に見せられるので演出度が高くなります
★ブライズルーム2人だけで行う場合⇒写真も残らないからこそ2人だけの大切な時間を過ごせます

ベールダウン/ステリーナ教会

※たくさんの想いを込めたベールダウン

【絆/ファミリーオース】
ステリーナ教会では挙式セレモニーの中に「ファミリーオース」という進行を用意しています。
日本語にすると「家族の絆」。
日本でも海外でも結婚式は家族同士の新たな繋がりを大切にします。
牧師先生が両家の絆を祝福し、新しい家族の誕生を祝います。

★牧師先生の祝福⇒両家としても結婚式の意味合いを理解し深まる
★両家の『絆』を確かめ合う⇒親族の方達も参加しているという意識になり一体感が生まれる
★一般的な教式では行わず退場⇒挙式の意味合いが薄れ、眺めているだけの意識になってしまう

ステリーナ教会

※両家の絆を確かめ合うファミリーオース(写真はイメージです)

どれも人数に関係なく行える演出です。
ステリーナ教会では「ただ挙式を行う」という事はしません。
1組1組の気持ち(新郎新婦や両親、家族)を大切に
心に残る時間にしていただけるようにお手伝いしています。
大人数だから心に残るという事はありません。
大切な人、繋がりの深い人達と
どんな時間を過ごして何を行ったかが大切ではないでしょうか。

東京で少人数の結婚式、挙式や会食をお考えの方は
お気軽にご相談ください。
今日の3つ以外にも演出やポイントはたくさんあるのでお教えします。

ご見学希望はこちらから
↓↓
【見学予約フォーム】

空き状況やお問い合わせはこちらから
↓↓
【お問合せフォーム】

資料請求についてはこちらから
↓↓
【資料請求】

ステリーナ教会
info@stellina.jp
03-6260-6885